薄毛治療薬に使われる、育毛剤と養毛剤、発毛剤の違いについて

薄毛治療薬に使われる、育毛剤と養毛剤、発毛剤の違いについて

 

薄毛治療薬

 

薄毛や抜け毛に悩んでいる人であれば一度は薄毛治療薬について調べたことがあるはずですが、育毛剤、養毛剤、発毛剤といった薬品の違いを知らない人は多く存在します。

 

 

 

これら薄毛治療薬の種類の違いは効き目も違ってくるため、もし薄毛治療薬を使い始めたいと考えている人は違いを知っておく必要があります。効果の違いをしっかりと把握し、自分に合った薄毛治療を行うことが大切なのです。

 

 

 

育毛剤という言葉がもっとも一般的ですが、育毛剤は今ある髪の毛の成長を促進する成分が主に入った薬品になります。主な効果は、頭皮の血行を改善してくれたり、乾燥を防いで抜け毛を減らしてくれる成分が含まれ、育毛環境を良くしてくれるものです。

 

 

 

新しく髪の毛を増やしてくれる効果というよりは、今ある髪の毛の環境改善をしてくれるのが育毛剤なので、薄毛の初期段階にある人が使うと良いとされています。

 

薄毛治療薬に使われる、育毛剤と養毛剤、発毛剤の違いについて

 

養毛剤は毛髪に栄養を与え、今ある髪の毛を強くしてくれるという意味では育毛剤と似ているのですが、育毛剤よりも少し穏やかで自然由来の成分が多くなっています。

 

 

 

頭皮の保湿効果や皮脂を抑える効果、フケを抑えて毛髪環境を改善してくれる成分が主に含まれ、髪の毛をより健康にしてくれます。

 

 

 

そのため薄毛に悩む人はもちろんのこと、薄毛に悩んでいるわけではないが、年齢を重ねて髪の毛のボリュームが少し落ちてしまったと感じている人が使うと良いでしょう。

 

発毛剤

 

そして発毛剤は育毛剤や養毛剤と違い、今ある髪の毛よりもさらに新しい毛を生やす成分が入っている薬品になります。

 

 

 

日本国内ではリアップという薬品が唯一発毛剤という名目で販売されており、リアップの主成分であるミノキシジルは、アメリカの食品医薬品局で発毛が認められると発表があった成分なのです。

 

 

 

ミノキシジルは元々高血圧患者のための血管拡張剤として開発がスタートした成分のため、頭皮の血行改善が促され、新しい髪の毛を生やしてくれるという仕組みになっています。

 

 

 

そのためかなり高い確率で新たな毛を生やしてくれる薬品なのですが、その効き目の強さの反面で副作用などの心配もある薬になります。

 

 

 

肌に合わない人は湿疹やかぶれ、また不整脈といった副作用も報告されているため、医薬品として販売されているので薬剤師に相談の上で購入しなければなりません。

 

 

 

発毛剤は男性型脱毛症、いわゆるAGAで悩んでいる、薄毛が顕著になってきた人が使用するのに適しています。

 

 

 

薄毛や抜け毛が目立つようになり、薬を使った治療をしようと考えている人は、これらの違いを正しく理解し、自分に合った薬品を使用するようにしましょう。
2017年現在

 

育毛剤ランキング男性ベスト5 TOPへ