育毛剤はいつから使う?薄毛を見極めるポイント

育毛剤はいつから使う?薄毛を見極めるポイント

育毛剤はいつから使う?薄毛を見極めるポイント

 

薄毛を見極めるポイント

 

円形脱毛症のようにストレスなどによって髪の毛が抜け落ちる脱毛症は、時間の経過とともにまた生えてくるものです。ですが、AGA(男性型脱毛症)は進行型の脱毛症ですから、育毛剤などで早めに頭皮ケアしないとどんどん薄毛が進行してしまいます。

 

 

 

薄毛になっているのは男性なら30代以降、女性は閉経した50代以降と言われています。ただこれには個人差があり、60歳になってもフサフサの方もいれば、20代前半から薄毛が始まる方もいます。これは生活習慣や食生活、体質、普段の頭皮ケアなどにより変わってきます。

 

 

 

ですので、誰がいつから薄毛になるかはわかりません。ただ、一つだけ言えることは、できるだけ早く対策をすることで薄毛の進行をストップ、もしくは遅らせることができるということです。

 

育毛剤を使うタイミング

 

育毛剤はいろいろありますが、塗布したからすぐに20代のようなフサフサの髪に戻るということは難しいです。進行型脱毛症ですから、薄毛の始まりを素早く察知し、育毛剤などでのケアを始めれば薄毛が進行する前にストップさせられるでしょう。

 

 

 

ただ、たいていの方は気がついた時には薄毛が進行しているものです。それは徐々に進行していくもので、毎日鏡で見ている自分にはなかなか気がつかないからです。つまり育毛剤を塗布し始める頃には、すでに薄毛になっているでしょうし、かなり進行している方もいるかもしれません。

 

 

 

薄毛を早期に発見するポイントとしては、頭皮が痒い、触るとべたべたしている、という場合です。痒いということは頭皮が炎症を起こしている可能性があります。そして触るとべたべたしている場合は皮脂が過剰分泌しているからでしょう。

 

育毛剤はいつから使う?薄毛を見極めるポイント

 

つまり、皮脂により毛穴が詰まり、炎症を起こしている可能性が高いです。その状態が長く続くと、どんどん髪が細くなり抜け落ちてしまいます。

 

 

 

また、自分にしかわからない見極めポイントがあります。それがヘアスタイルの作りやすさです。

 

 

 

毎日髪をセットしていると、これまでよりもセットしやすくなった、逆にしにくくなったということも出てきます。セットがしやすくなったという方は、髪が細くなってまとまりやすくなったのが原因でしょう。

 

 

 

また逆にセットしにくくなったというのも、細くなって毛の流れに逆らえなくなったからでしょう。見た目には分からなくても、わずかに毛が細くなっただけで分かるものです。

 

 

 

こういった変化を感じたらすぐにでも育毛剤などでケアしてみましょう。20代だからまだ大丈夫、なんて安易に考えていると取り返しのつかないことになりますので、せめて20代半ばになったら注意して確認しましょう。(2017年現在)

 

育毛剤ランキング男性ベスト5 TOPへ