どんな成分が良い?効く育毛剤を見極める方法

どんな成分が良い?効く育毛剤を見極める方法

どんな成分が良い?効く育毛剤を見極める方法

 

効く育毛剤を見極める方法

 

育毛剤を選ぶ場合、やはり重要になるのは育毛剤に配合されている成分ではないでしょうか。どこの育毛剤メーカーでも、どんな育毛成分を配合したら効果があるかを研究していますから、選ぶ場合は成分が重要なポイントです。

 

 

 

とはいうものの、そのような成分がいいのかは素人にはよくわからないでしょう。また配合されている全ての成分を比較したら、結局どれが良いかますます分からなくなってしまいます。

 

 

 

まず、育毛剤の成分を効果で分けると、血行を促進するもの、AGA(男性型脱毛症】の原因と言われる酵素5αリダクターゼの働きを抑制するもの、毛を作り出す毛母細胞を活性化するもの、頭皮の炎症・アレルギーを抑えるもの、頭皮の柔軟性と潤いを保つもの、毛穴の汚れを落ちやすくするものなどいろいろあります。

 

 

 

しかもそれぞれいろいろな成分がありますから、すべてを出したら数百種類にも上るでしょう。薄毛の原因も人それぞれですから、まずは自分の薄毛が何によって引き起こされているのかを見極めましょう。

 

どんな成分が良い?効く育毛剤を見極める方法

 

例えば血行が悪くなって薄毛が進んでいる方は血行促進、男性ホルモンの影響が強いという方は5αリダクターゼの働きを抑えるもの、皮脂が多く分泌されるような脂性の人は毛穴の汚れを落ちやすくするものなどです。

 

 

 

とはいうものの、脂性は自分でもわかるかもしれませんが、それ以外はなかなか自分ではわからないものです。プロでもそうそう分かるものではありません。

 

 

 

そして薄毛はいろいろな原因が重なって引き起こされますから、原因は一つとは限りません。ですので、なかなかこれといった原因が分からないのです。

 

自分に合った育毛剤を見つける

 

自分に合った育毛剤を見つけるにはいろいろな製品を試してみることが大切です。そして半年くらい使い続けてみてその効果があまり分からなかった場合は、違う育毛剤を試してみましょう。その際、タイプが違う育毛剤を選んでみるのもひとつの方法です。

 

 

 

例えば、これまでは主成分が血行を促進するタイプだった場合には、主成分が男性ホルモンを抑えるものや頭皮環境を整えるタイプに、これまでが男性ホルモンを抑えるものだったら毛母細胞を活性化するもの、などです。

 

 

 

違った効果が期待できる成分が入った育毛剤に変えることで、効果が出るかもしれません。

 

 

 

育毛剤の中には育毛に悪影響を及ぼすような成分が含まれているものもあります。いくらいい成分が含まれていても、その効果を半減させるような成分があっては意味がありません。ですので、悪い成分についてもチェックしてみるといいでしょう。(2017年現在)

 

育毛剤ランキング男性ベスト5 TOPへ