男性用と女性用の育毛剤、違いを知って安全に使用しましょう。

男性用と女性用の育毛剤、違いを知って安全に使用しましょう。

 

男性用と女性用の育毛剤

 

薄毛や抜け毛の悩みは男性のほうが圧倒的に多いのですが、昔に比べて女性も若い年代から薄毛や脱毛に悩む人も増えてきました。薄毛の原因は人によっても違いますが、男性の場合、薄毛の原因のほとんどが男性ホルモンによるものなのです。

 

 

 

そのため女性が男性専用の育毛剤を使ってしまうと効果が出ないばかりか、体に合わず肌荒れなどを起こしてしまう可能性があるのです。男性は成人を迎えたあたりから男性ホルモンが増加して体毛が濃くなります。

 

 

 

毛髪に関しては、男性ホルモンが活性化しすぎてしまい、髪の毛の生え変わりのサイクルを狂わせて生える毛よりも抜け毛のほうが多くなり、薄毛が進行してしまうのです。

 

 

 

そのため、男性用の育毛剤や発毛剤、特に有名な発毛剤であるリアップには、ミノキシジルと言われる強い発毛効果がある成分が配合されています。

 

 

 

この成分はデリケートな女性の肌には強すぎてしまい、肌荒れを起こしたり、女性のひげや体毛を濃くしてしまったりする可能性があるのです。

 

女性の薄毛の原因との違い

 

女性の薄毛の原因としては、女性特有のホルモンバランスが薄れてしまい、女性の中に微量に存在する男性ホルモンが優位になって薄毛になってしまうことが挙げられます。

 

 

 

妊娠や産後、女性はホルモンバランスを崩してしまいやすいため、出産前後に薄毛や抜け毛を発症してしまう場合もあります。

 

 

 

男性は男性ホルモンの働きによって、女性はホルモンバランスの崩れによってと、薄毛の原因は男女特有のホルモンが原因であることが多いので、男性用、女性用と決められている育毛剤はその指示に必ず従う必要があります。

 

 

 

女性の肌は男性に比べて乾燥しやすくデリケートなので、まずは医薬部外品の自然由来の成分で構成された育毛剤などを利用すると良いでしょう。

 

男性用と女性用の育毛剤、違いを知って安全に使用しましょう。

 

また、女性専用の育毛剤は女性のデリケートな肌を考慮しているものが多く、男性用の育毛剤にはアルコールが含まれているものが多い反面、女性専用にはアルコールフリーの育毛剤がほとんどです。

 

 

 

これには男性よりもデリケートな女性の肌を考慮して、匂いやべたつき、ヘアカラー後の色落ちなどを防止する狙いがあるのです。最近は育毛剤でも自然由来の成分を中心とした、性別や年齢を問わずに使うことができるものも多く発売されるようになってきました。

 

 

 

もしも夫婦で同じ育毛剤を共有して使用するときは、必ずその薬品が性別を問わず使えるものかを確認し、女性は男性よりも肌が弱いので女性用の用量をしっかり守って使用することが大切です。

 

2017年現在

 

育毛剤ランキング男性ベスト5 TOPへ