育毛剤の使用で見られる副作用のおもな症状

育毛剤の使用で見られる副作用のおもな症状

 

育毛剤の使用で見られる副作用

 

一般に市販される育毛剤のほとんどは、重大な副作用のない安全なものです。ただ、効果の強い医薬品の育毛剤のなかには、配合成分の働きで副作用と見られる症状が出ることがあります。

 

 

 

特に、ミノキシジルを有効成分に配合した医薬品の育毛剤では、めまい、頭痛、かぶれやかゆみなど肌トラブルなどが発症することもあると報告されているので、使用には注意が必要です。

 

 

 

育毛剤を初めて使う人にときどき見られるのが、抜け毛の症状です。髪を育てるための育毛剤で抜け毛が増えてはたまったものではありませんが、ほとんどの場合は初期症状に過ぎず、古い毛が抜けたのちに新しい毛が生えてきます。

 

 

 

頭皮にトラブルを発症し、一向に抜け毛が収まらないときは直ちに使用を中止してください。

 

 

 

育毛剤の有効成分で発毛効果が高いと言われるのがミノキシジルですが、ミノキシジルには血管を拡張させる作用があるため、低血圧の人は使用に注意が必要です。それに、頭皮の湿疹や発汗が使用者の数%に表れるという報告もあります。

 

副作用の症状

 

また、育毛剤の配合成分によっては、ミノキシジル以外にも皮膚が拒否反応を示すことがあります。

 

 

 

湿疹、発汗、かゆみ、ニキビなどの肌トラブルはよく見られる症状ですから、肌がデリケートな人は育毛剤選びに慎重になってください。化学成分ではなく天然由来の成分から作られる無添加の育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

 

 

肌トラブルではなく、めまい、頭痛、吐き気、動悸、手足のしびれなどの体調不良が副作用として起こる育毛剤についても書いてみましょう。

 

育毛剤の使用で見られる副作用のおもな症状

 

こうした副作用の症状も、やはりミノキシジルなどの血管を拡張させる作用のある成分を使用した育毛剤によく見られます。売れている有名な医薬品の育毛剤のなかにも、こうした副作用が多数報告されているものもあるほどです。

 

 

 

得られる効果が高いほど、それに伴う副作用のリスクも上がるものと思った方がよいでしょう。また、AGAの治療薬には、男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑制する作用のある成分がありますが、この作用によって男性ホルモンが抑制されて性欲が減退することも一部にあると言います。

 

 

 

たとえばフィナステリドという成分を配合するプロペシアがそうです。まれに勃起不全や精子数の減少なども起こることが報告されているので、使用にあたっては必ず医師の処方に基づいて行いましょう。

 

 

 

育毛剤の使用でなんらかの異常を感じたときは、直ちに使用を中止して医師の診断を受けるようにしてください。

 

育毛剤ランキング男性ベスト5 TOPへ