男性型脱毛症、AGAに悩む人が使うべき育毛剤とは

男性型脱毛症、AGAに悩む人が使うべき育毛剤とは

 

男性型脱毛症、AGAで使う育毛剤

 

男性型脱毛症、いわゆるAGAで悩む男性は年々増加しており、またそれに合わせて様々なタイプの育毛剤もドラッグストアやネット通販で販売されるようになりました。

 

 

 

種類が増えて選択の幅が広がったことは良いのですが、その分どの薬品を購入すべきか悩んでしまう人も多くなりました。AGAの進行を少しでも妨げるためにはAGAの原因となっている男性ホルモンの働きを抑える必要があります。

 

 

男性型脱毛症の原因は活性型男性ホルモンと呼ばれるジヒドロテストステロンという成分だと言われており、これを抑制することでAGAを改善することができるため、AGAで悩む人はまずこのジヒドロテストステロンを抑制する効果がある薬かどうかを調べる必要があります。

 

 

 

AGAは男性ホルモンの元々の主成分であるテストステロンが体内で5αリアクターゼという酵素と結びつき、ジヒドロテストステロンになります。

 

育毛剤の選び方

 

このジヒドロテストステロンは男性の発毛サイクルを変化させ、髪の生え変わり時期に新たに生える毛よりも抜ける毛のほうが多くなってしまい、髪の生え変わりの季節になる度に薄毛が進行してしまうのです。

 

 

 

育毛剤には保湿成分、頭皮の血行改善成分、毛髪への栄養補給成分、フケかゆみを抑える成分なども含まれており、もちろんこれらもAGAの頭髪環境改善のために必要不可欠なのですが、根本から男性型脱毛症を改善しようとすると活性型男性ホルモンを抑制する成分が大切になります。

 

 

 

そのため今効果があると言われ、ネット通販などで人気があるチャップアップやポリピュアEX、ブブカといった育毛剤は、AGAの元凶となっている活性型男性ホルモンを精製する5αリアクターゼ酵素を抑える成分が含まれているのです。

 

男性型脱毛症、AGAに悩む人が使うべき育毛剤とは

 

この活性型男性ホルモンの精製を抑制する方法はAGA治療専門の医療機関でも行われており、病院で処方される内服薬にも成人男性の体内に存在する5αリアクターゼ酵素の働きを抑える効果があります。

 

 

 

育毛剤を使ったけど効果が見られず焦ってAGA治療の病院へ行く人が多いのですが、そのような人はまず自分が使っている育毛剤がちゃんとAGAに効果があり、5αリアクターゼ酵素を抑制してくれる効果があったのかを確かめましょう。

 

 

 

また、AGAではないかと不安になり育毛剤を購入しようと考えている人は、AGAの原因となる5αリアクターゼ酵素を抑制できる成分が入っているかどうかを確認してから購入すると良いでしょう。

 

2017年現在

 

育毛剤ランキング男性ベスト5 TOPへ